横須賀市耐震補強工事助成制度

横須賀市では耐震診断補強工事に補助金が出ます。

横須賀市では、昭和56年以前に建てられた木造住宅の耐震診断、耐震補強工事をするとき、市が費用の一部を補助してくれます。

助成対象

     ・昭和56年(1981年)5月末日以前に着工したもの

     ・軸組木造の戸建住宅(兼用住宅及長屋を含む)で階数が3階以下の

      もの

     ・自己所有で自己が居住するもの

      ※ この3つの条件に全て当てはまっていること

      ※ 市税を滞納していない方に限ります

助成事業の流れと助成額

   ①耐震診断・改修計画図作成 4万7千円 (13.5万円のうち8万8千円補助

       確認申請図面と現場を照合し、傾き、腐食度、建具の建入や天井裏、床下などの

         調査と、偏心率、壁量計算等により診断を行います。それを基に診断士が改修計画

         案を作成します。

  

    ②耐震補強工事図面作成 5万7千円 (11.5万円のうち5万8千円を補助)

       改修計画書に基づき、施主と診断士が打ち合わせ、工事内容を定めた設計図を

          作成します。

    ③耐震補強工事 最大100万円 

      (工事費の1/2。ただし 上限100万円 を補助)

   ④工事監理 3万円 (6万円のうち3万円を補助)

        適正に工事が行われているかをチェックするために、工事の中間に2回、

          完了時に1回工事監理を行います。

    ①、②及び④は横須賀建築設計事務所協会が行います。

  お問い合わせ先

   横須賀市役所 館4階 都市部建築指導課 TEL 046-822-8319

                                      (ダイヤルイン) 

 

        

↑ページトップへ戻る