N邸耐震補強工事

和室押入補強工事

和室の壁も補強しなければならない時、問題になるのが和室は真壁(柱が見える壁)の場合がほとんどでこの真壁は構造上壁の厚さが薄いので筋交いを入れるのが困難だったり、構造用合板を張ると見栄えが悪くなったり、内法材(鴨居、長押、廻り縁等)があったりして費用がかさむ等の問題が発生します。そこで和室の押入、床の間の壁を利用して補強しました。これのメリットとしては、1.和室内は手を加えずに済む 2.壁が多いので補強の効果が大きい があります。

解体前の押入

解体中

廻りだけ残し、押入内は全部解体します。

解体後

各壁に筋交いを入れます。

ホールダウン金物取付

柱を基礎に固定します。

柱頭部(柱の上側) ホールダウン金物取付、

筋交い金物取付

桁と柱を固定し、筋交いも金物で桁と柱に固定します。

筋交いを入れたあとで、構造用合板を張ります。

壁の構造用合板の表面は ケバだっているので布団などの物が引っかかりやすいので、上に4㎜のベニアを張り、中段と天袋の棚を復旧して完了です。

和室の壁等には手をかけずに押入を利用して補強しました。これはとっても有効な手段だと思います。

↑ページトップへ戻る